多湿環境を好む熱帯植物(俗に言う葉っぱとか草)の世界に足を踏み入れてもうすぐ1年になります。

きっかけはビバリウムに入れようと思ってアグラオネマを入手したことからでした。

(育ててる際に我が家のビバリウム環境では扱いづらいなと判断して結局使ってないのですが。。。)

それからあれよあれよとハマっていっていつの間にかビバリウムよりも栽培スペースの方が広いんじゃないかって具合に。。。

多分他ジャンルの植物以上に、ハマると危険なジャンルなんじゃないかなと(・・;)

どうしてこうなったんだろう。。。

とか思いつつ現在も規模を拡大しているのでした。。(苦笑)

、、ということで、今回はまた新たに栽培ケースを立ち上げちゃいましたよっていう記事です(^^;)





玄関に設置している60cmレギュラー水槽。

昨年のリセット後、ラン藻はなんとか抑えられていたのですが黒ヒゲが。。。

今回リセットがてらアクアリウムから栽培ケースに切り替えました。

CM160829-040719001

水槽内の魚やら水草やらレイアウト素材やら全部とっぱらって丸洗い。

CM160823-155030002

ちなみに中身の方は以前解体したまま空いていた45cm水槽を再度立ち上げて移動させてます。

(なんだか魚が少なく見える。。)

CM160829-040719001

丸洗いし綺麗になったところで栽培ケースとして立ち上げます。

CM160823-153239001

100均で適当なサイズのプランターと洗濯ネットを買ってきました。

これらを使って植物台を作ります。

CM160829-043042001

水槽内にプランターを入れて。

CM160829-051010001

リセット前に使っていた大磯砂を良く洗って、洗濯ネットに包んでプランター内へ。

CM160829-051046002

高さの違うプランターも一緒に入れてます。

CM160902-181534001

洗濯ネットが隠れるように上から日向土(ボラ土)を敷きました。

日向土は多孔質なので水分を蒸発させて水槽内の湿度を保つのに役立ちます。

CM160902-190326001

注水して保温用のヒーターを設置しました。

高さの低いプランターは敢えて水没するような水位にしています。

CM160902-195453001

照明を点けて立ち上げ完了!

、、、って、植物入れてないとどうなってるかわかりにくいですね(^^;)

ということで植物入れたら続きの記事を書きます。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ