はぶ あ ていすと

Have a taste (for...)   ~動物植物問わず生き物、趣味中心にいろいろ雑記~

パルダリウム

クライマー保育園から持ち込む ~熱帯の草~



先日の記事からの続きです。

手前ガラスの内側結露で中が見にくくなっていますが、植物が入ると少しは華やかになったかな、と。

プランターで内部を底上げしている分高さを犠牲にしましたが、草丈の低いor成長の遅い種類の植物を収容すれば長期間トリミングなどの手間いらずです。


ちなみに植物は他のケースやタイトルのクライマー保育園から幾つか引っ張ってきました。

クライマー保育園って適当に名を付けていますが、クライマー植物の子株養生用のケースのことです(^^;)

CM160903-232239001

大きめの鉢底ネットを、

CM160903-232316002

半分に折って、

CM160903-232332003

端をビニタイで留めて、

CM160903-232343004

余分に飛び出たビニタイをカットして、

CM160904-030856001

鉢底ネット内に水苔を詰めて、

CM160904-031143001

鉢に突き刺して、

CM160904-031440001

植物を植えて、



大きめのタッパーでまとめて管理していた物です。

この鉢底ネット製自作支柱、ヘゴ棒と比べて軽量、保湿性が高く発根・活着させやすい、仕立て直す時根を残したまま株の引き剥がしがしやすいと使い勝手が良いので重宝しています。

株の成長に合わせて支柱をビニタイで連結延長出来るところも汎用性が良くて良いです(^^)




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

もうすぐ1年 ~熱帯の草~

多湿環境を好む熱帯植物(俗に言う葉っぱとか草)の世界に足を踏み入れてもうすぐ1年になります。

きっかけはビバリウムに入れようと思ってアグラオネマを入手したことからでした。

(育ててる際に我が家のビバリウム環境では扱いづらいなと判断して結局使ってないのですが。。。)

それからあれよあれよとハマっていっていつの間にかビバリウムよりも栽培スペースの方が広いんじゃないかって具合に。。。

多分他ジャンルの植物以上に、ハマると危険なジャンルなんじゃないかなと(・・;)

どうしてこうなったんだろう。。。

とか思いつつ現在も規模を拡大しているのでした。。(苦笑)

、、ということで、今回はまた新たに栽培ケースを立ち上げちゃいましたよっていう記事です(^^;)





玄関に設置している60cmレギュラー水槽。

昨年のリセット後、ラン藻はなんとか抑えられていたのですが黒ヒゲが。。。

今回リセットがてらアクアリウムから栽培ケースに切り替えました。

CM160829-040719001

水槽内の魚やら水草やらレイアウト素材やら全部とっぱらって丸洗い。

CM160823-155030002

ちなみに中身の方は以前解体したまま空いていた45cm水槽を再度立ち上げて移動させてます。

(なんだか魚が少なく見える。。)

CM160829-040719001

丸洗いし綺麗になったところで栽培ケースとして立ち上げます。

CM160823-153239001

100均で適当なサイズのプランターと洗濯ネットを買ってきました。

これらを使って植物台を作ります。

CM160829-043042001

水槽内にプランターを入れて。

CM160829-051010001

リセット前に使っていた大磯砂を良く洗って、洗濯ネットに包んでプランター内へ。

CM160829-051046002

高さの違うプランターも一緒に入れてます。

CM160902-181534001

洗濯ネットが隠れるように上から日向土(ボラ土)を敷きました。

日向土は多孔質なので水分を蒸発させて水槽内の湿度を保つのに役立ちます。

CM160902-190326001

注水して保温用のヒーターを設置しました。

高さの低いプランターは敢えて水没するような水位にしています。

CM160902-195453001

照明を点けて立ち上げ完了!

、、、って、植物入れてないとどうなってるかわかりにくいですね(^^;)

ということで植物入れたら続きの記事を書きます。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ

クライマー植物の土台になるだろうか?

DSCN8482

先日立ち上げた多湿系植物の栽培ケース内でクライマー(いわゆる蔦っぽい植物)も育てたくてですね。

ヘゴやパームマットみたいに土台になりそうな素材を近所のホームセンターで探したのですが品切れで。。

ということで、クライマー用の土台を別の材質で作ってみました。

DSCN8485

まずダ〇ソーで大きめの鉢底ネットを買ってきました。

1m×50cmサイズで200円、お買い得!

DSCN8486

広げてまして、、

DSCN8487

真ん中に折り目を入れます。

目印にするだけなのであっても無くてもいいです。

DSCN8489

ハンドリーマを使って、、

DSCN8491

鉢底ネットに、適当に穴を開けていきます。

DSCN8493

穴を開けたのは、折り目を入れた片側だけです。

DSCN8521

次に結束バンドを使います。

DSCN8523

鉢底ネットを先程の折り目部分から半分に折り曲げて結束バンドで留めていきます。

DSCN8524

余った結束バンドのケーブルと鉢底ネットの端を切りそろえまして、、

DSCN8526

鉢底ネットの間にふやかした水苔を詰めます。

DSCN8527

これで土台の完成!

DSCN8530

水槽内縁に吊るしてみました。

ハンドリーマで開けた穴の面が手前に来るようにです。

うーん、、、均等に詰めていたはずが、中の水苔が下にずり落ちてきました。

もう少し固めに詰めておくべきだったかも(^^;)

DSCN8534

クライマー達の鉢を傍に配置してみます。

そのうち鉢底ネットに開けた穴から内部に根を伸ばしながら、上に登って成長することを期待しています。

DSCN8537

栽培ケース内に簡易温室内の多湿系植物をほとんど移動し終わりました。

あとは成長を見守りながら管理するだけです(^^)




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
ブログ主の出品ブース
出品中の商品はこちら

クリックしてもらえるとうれしいです。
👇

ペット ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ブログ主へのメッセージ

名前
メール
本文
広告